読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイト・ワールド2.0

とあるサークルのとある奴らがとあるTRPGで理由のない暴力を振るうログ。

第十八セッション(2/8)ログおまけ

あらすじ

上司のドラゴンを昏睡させて黙らせた後、部下のドラゴンを仲間に加えるべく
……とは言ってもそれまではなんか仲良く一緒にラスベートへ戻ってきた一行。
甘味や魔導機アイテムを楽しむ彼らのちょっとしたお話。


トキ:………ただいま
アリエル:ここには、いっぱい、いろんな物がありますね…!
エスト:でしょ? でしょ?
クレア:お帰りなさい。随分遠出だったのね
アリエル:すごい!すごいです!


エスト:ふふん。こんなのとかどう?
カトル:これが、マカロンでー、これがタルトでー
アリエル:(むぐむぐ)
アリエル:おお、そのアイテムも……なかなかおもしろいですね!

リサ:とっき~~~~~おかえり~~~~~
トキ:…………ん。
リサ:おなかすいた……
トキ:……じゃあ、わたしたち、かえるね
トキ:またね
エスト:じゃーねー
カトル:あ、幼女は帰るのか、じゃーな

一週間も血を吸ってないリサを送っていくトキ。
このあと二人の間では蜜月のなんとやらが

カトル:そうだ、アリエル、これこれ
カトル:通話のピアスっていうやつ、これでな、話ができるんだぜ
カトル:俺が片方持っておくから、暇なときにでもだべろーぜ
アリエル:これは……なるほど。こう使うのですか……
アリエル:頂いておきますね。

(エレンのために誘ったのによっぽどカトルのほうが仲がいいじゃねーか)


さて、赤楽亭に戻ってきた彼らの元に、仲間集結。



ミラ:……あら、帰っていらしたんですね皆さん
エスト:ミラさん、おひさー

ローバック:......(インテリアニマルサックを見る)
ローバック:シュッ(煙草をインテリアニマルサックにパス)
テッド(インテリアニマルサック):(無言で吸う)

マーティア:おやおや、しばらく見ないと思ったら、見ない顔が増えたね
マーティア:……ふむっ。君は、竜かな? よろしく頼むよ
アリエル:わかりますか?
マーティア:いや、判る人は少ないんじゃないかなぁ?そして、そこのリュックサックも独特の性格を面白そうな性格をしてるねぇ。
テッド:おう!分かるかねーちゃん!いい目してんな!一緒にどうだい!!
マーティア:そうだね。ボクも頂くかな。(パイプに火を入れながら)
マーティア:ふむっ。君は、こう見えてもぬいぐるみなんだねぇ。実に面白いよ。(頭をぐりっと動かしながら)
テッド:おいおい見世物じゃねーんだぞ 俺様は偉いんだぞ
ローバック:ゴソゴソ(ポケットを探る)
マーティア:ふむふむ。偉いんだね、君は。気にしなくてもいいさ、君は偉くても素敵な見世物だよ。
ローバック:シュッ(粉の小袋をインテリアニマルサックにパス)
インテリアニマルサック:お? いいものもってんじゃねーか

べろちょろ(インテリアニマルサック):おう?お仲間がいるな?
マーティア:おや? ローバック君これは……まあ、見なかった事にしておくよ。
テッド:お?お仲間じゃん お前もやるか?
べろちょろ:俺ぁインテリアニマルサック、べろちょろと呼んでくれ
べろちょろ:健康派なんでな、遠慮させてもらうよ
エスト:……人参、食べる?
べろちょと:いただくぜ!
ミラ:(……これさえ無ければ有用なんですけどねえ)
ミラ:(買ったのは早まったかもしれません)
べろちょろ:ンだぁ? 俺の持ち主なら辛気くせえ顔してんじゃねーよ。もっとしゃきっとしろしゃきっと
ミラ:……捨てますよ?
べろちょろ:アイ マム

アリエル:ぶっ……ここは、いつもこんな感じなのですか?
エスト:だいたい?
ミラ:(……放っておきましょう)

テッド:お前も大変そうだなぁ 俺のご主人様も真面目でなぁ心中察するぜ
べろちょろ:あの兎が羨ましいよなぁ 遊び心ってのが大事だぜ
ローゼンの兎:何か言ったか
テッド:お前さんみたいになりたいとよ
マーティア:おや、これはリュックサック会議の開催だねぇ。

ローゼン:(ひょいっ) おっはーみなさん 何やら大所帯で
エスト:やっほー、ローゼン。 あれから、元気してた?
ローゼン:お、エストさん 元気も元気だよ~
ヤチヨ:おはようございますローゼンさん
ヤチヨ:......(ローゼンのインテリアニマルサックをみつめる)
ヤチヨ:...ジリ...ジリ(インテリアニマルサックに躙り寄る)
ローゼン:ヤチヨさん、この子に興味がおありで?
ミラ:おはようございます。
ローゼン:ぽいっちょ(リュックサック投げ)
ヤチヨ:!!!
ヤチヨ:ズサー(飛びつきもふる)
テッド:おい!手荒に扱うんじゃねーよ!ガキンチョ!そいつの腕取れたらどーすんだ

ミラ:さて……遅ればせながら。そちらの方は?
アリエル:どうも、エイデルからこの方たちに連れられて来ました。アリエルといいます。どうぞよろしく。
クレア:ちなみにドラゴンらしいわよ
ミラ:ドラ……っ……?
マーティア:気にしなくていいさ。ボクの同類だからね
ローゼン:んー、なんとなく人間ではなさそうかな~って思ってたけどドラゴンか~ へぇ~
ローゼン:ちょっと理解が追いついてない(真顔)

ミラ:はぁー……凄いですねぇ
ミラ:改めまして、よろしくお願いします。ラミアのミラですわ
ローゼン:レプラカーンのローゼンです、とって食べるのはご勘弁を…

べろちょろ:おう蛇女よ、ようやく胸張って言えるようになっt
ミラ:(テッドのところへ投擲)
べろちょろ:そりゃないぜマスターよぉ……

マーティア:こんな感じで騒がしいところだけど、観察するには面白い場所さ。一般的な人族を観察するには向かない場所だけどね。チョコレートでも齧って眺めてると良いよ。(高級チョコを渡しながら)

カトル:なーアリエルーあそぼーあそぼー
カトル:チョコとかーグミとかーあとほら、プリンも美味しい
テッド:俺様甘党じゃねぇんだけどな 有り難く頂くぜ
カトル:なんだこの変なくま
カトル:おめーじゃねーよ!
ミラ:……やっぱり今からでも売ってきましょうかね……
ヤチヨ:はじめまして、ですよねミラさん。ヤチヨと申します以後お知りおきを
エスト:買い取り額の高い質屋知ってるけど、どうする?
テッド:くまじゃねーよ!テッド様だ!
エスト:……なんというか、カオス度が上がったわね。

ヤチヨ:モフモフモフモフモフモフモフ
ヤチヨ:モフモフ...!!(ミラに気がつく)
ヤチヨ:......(大人オーラにびびる)
ミラ:ヤチヨさん。お噂はかねがね。よろしくお願いしますね。
ヤチヨ:!!(びびる)
マーティア:(ニヤニヤ笑いながら)ヤチヨ君は兎みたいだねぇ。まあ、そこが可愛いところだよ。
マーティア:怯えれば怯えるほど、荒が目立つだけさ。胸を張りたまえ。まあ、君の度胸が足りればだけどね。(ヤチヨの耳に指でそっと撫でながら)
ヤチヨ:ぬい...(借りてきた猫状態)



カトル:あとほらみてみ、ほろっほー!
ミラ:まあ、そのうち慣れますよ。……嫌でも
ミラ:あら可愛らしい
テッド:まーたお仲間かよ 今日はどうなってんだまったく…
ほろっほー:ほろっほー
ほろっほー:ほろほろーん
テッド:そういや何人に聞こえてんだこれ?(魔法文明語)
べろちょろ:マスター達は流石にわかってると思うがな(魔法文明語)
ほろっほー:あー、互いに苦労するな…(ほろーん)
カトル:聞 こ え て る ぞ
ほろっほー:チビなんてこわくないよーだ(ほろほろほー!)

マーティア:おや、リュックサック会議のメンバーが増えたみたいだねぇ。誰か縫い合わせてみるかい? 面白い結果が待ってるかもしれないよ。
テッド:や め ろ体縫われるのはもうゴリゴリだ
カトル:しゃべれよぉ(むにむに)
ほろっほー:うるせぇチビ(ほろほろ)
マーティア:そう言えば、ぬいぐるみの腹に石を入れて縫い合わせるのは定番だねぇ。
テッド:あのねーちゃんこえぇ…俺のトラウマ的確に突いてきやがる…
マーティア:おやおや? そんなに怖い事言ったかなぁ?
テッド:助けてくれ!!マスター!!
ミラ:ついでですし、うちのもおとなしくさせられませんかね?
ほろっほー:あれがマスターか、なんかぺらそう(ほーろほーろ)
べろちょろ:いやほんとすんませんでした
ローゼン:動物鞄で何やら怖いやりとりが繰り広げられてるなぁ(サックもふもふ)
ヤチヨ:......(新しい獲物を見つけた顔)
カトル:ほろっほーもあれされたいか?(むにもふぅ)
ほろっほー:いやだ☆(ほろっ)
ヤチヨ:ジリ...ジリ... もふもふそう...
ヤチヨ:モフッ(ほろっほーに顔を埋める)

エスト:というか、このリュックサックってどういう仕組みで動いてるのかしら……? 謎ね。(わくわくしながら裁縫道具を広げだす)
エスト:とりあえず、鋏と糸とあれば解体しても大丈夫よね。直せるし!!
エスト:(テッドにじりじりとにじりよるエストさん)
ロウ:(ロクでもないことと察知してエストに投げる)
エスト:(バシッバシッと、縫い目を解いて行く)
エスト:んー、中身は……綿か。意外ね
ほろっほー:うぎゃー!!!!!!!!(ほろほろぉーーーー!!!)
エスト:どっかに、ミスリルとか入ってたり?
カトル:あっ、俺のほろっほーだぞ!
ヤチヨ:モフモフモフモフスゥゥゥーーーmfmfmfmfmf
べろちょろ:あの金髪やべえよ……やべえよ……
ほろっほー:うぐぅ……(ほろぉ……)
エスト:琥珀とかの可能性もあるかー。あ、魔法銀なら繊維にしてる可能性もあるわね……
エスト:ルーペ、ルーペ
ほろっほー:同士よ……たすけ……て……(ほろ、ほろ……ろ…)
テッド:やめろおおおおおおおおおおおおおお 俺様の神聖な部分を弄るくるなああああああああああああああ
エスト:大丈夫、最後には治してあげるから!
テッド:それ闇医者のセリフじゃねーか!!
カトル:サックたちかわいそう
ヤチヨ:......(熊の惨状を見る) oh,,,,,,
ヤチヨ:もふもふ なでなでなでなで
カトル:さー、ほろっほー、ちゃんとはたらけよなー
カトル:うりうり

エスト:顕微鏡持ってきた方がいいかなー……んー。それとも、魔力の検知器に……(ぶつぶつ)
ほろっほー:いやじゃーやめれー(ほろーほろほー)
テッド:今だ!!脱出!!
エスト:あ、逃げられた!!!
ローゼン:飛ばねぇ熊はただの熊だ
エスト:ちっ……あいつ、逃げ足速い!
テッド:解体したいならそっちの二人でもバラシてろ!!(ダダダダダダd
べろちょろ:てめェ!人に押し付けてんじゃねえ!?







収拾がつきません。(真顔)

皆も買おう!インテリアニマルサック!(