読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイト・ワールド2.0

とあるサークルのとある奴らがとあるTRPGで理由のない暴力を振るうログ。

第五セッション(4/8)前編ログ

今回のGMはせらが担当。

曰く

 

「胸糞悪い」

だそうです(

 

 

参加者

ニノ

ファリネウス

ローバック

リーシェ

アル

ディッパー

 

 

※今回のセッションにおけるNPCにはどこかで見たような名前が散見されますが、

我が卓完全オリジナルのキャラです。

 

 

 

朝九時、赤楽亭に集まるメンバー。

 

 

前回新たにやってきたファリネウスと初めて顔を合わすアル。

 

ファリネウス:前回は見なかった顔だな ファリネウス。傭兵だ。

アル:(じろじろ)

アル:(私と雰囲気が似てる・・・)

 

(どちらもロング髪で冷静)少女が見えないな、偵察を頼む!

 

リーシェ:あるおねーさーんおなかすいたー

アル:私がでかけてた間に増えてたのね。よろしく。

ローバック:使える奴だぜ

ローバック:頼りになる壁役だ

 

 

 

クレア:みんな、おはよう。

クレア:早速だけど新しい依頼が来ているわ。

ファリネウス:なんだ?

 

クレア:レイジ家って商家の娘さんが居なくなったので探して欲しいって依頼ね。

クレア:レイジと言えば最近よく名前を聞く家だし、それなりに羽振りがよかったみたい。(小声)誘拐の可能性もあるみたいで、報酬も比較的高額で結構あちこちの冒険者の宿に依頼してるそうよ。(小声)

クレア:詳しいことは依頼を持ってきた代理人さんから聞いて頂戴。

 

ファリネウス:探索依頼か…あまり得意ではないが…

リーシェ:また迷子ー?家出ー?

アル:穏やかじゃないわね。

ローバック:どっかで聞いた話だなぁ!

 

初回の探索依頼を思い出す一行。(第一セッションログを参照)

 

そこに依頼を持ってきた代理人が入ってくる。

 

ローバック: な ん か き た 

 

ポチョ○キンバスターキメたら一発で死にそうな人が来た。

 

チップ:どうも、代理人のチップと申します。

チップ:本来私はレイジ家で庭師として働いているのですが、今はこうして依頼できそうなところを回っております。

ローバック:(庭師ね・・・)

チップ:繰り返しになりますが、依頼について説明させていただきます。。。

ファリネウス:(ninjaか…珍しい…)

ローバック:(250cc...?400...?)

 

 

チップ:それから、普段お嬢様は何人かの町の子供たちとグループを作って遊んでいたようです。

    恐らく最後にお嬢様を見たのも彼らです。彼らに話を聞かれるのであれば紹介しますので、そのように申しつけ下さい。

    また、既に我々の方でも彼らから話を聞きましたが、彼らが最後にお嬢様と分かれた場所もわかります。

    他にも何か情報が必要であれば仰って下さい。

    いかがでしょう? 依頼を受けていただけますか?

 

依頼の報酬は、情報を得て依頼途中で依頼主に情報提供すると、重要度に応じて報酬がもらえる。

もしくはそのお嬢様を見つけ出し連れて帰ることができれば1万ガメル。

 

 

リーシェ:また迷子探すのかー

ファリネウス:私には断る理由がない。受けさせてもらう

ローバック:10000は旨いな

アル:私はいいわよ暇だし(肉バリバリ

ディッパー:子供は国の宝だ.受けさせてもらう

リーシェ:あー!リーシェもー!(肉もぐもぐ

ニノ:あ、俺も行くぜ。一応レイジ家と繋がりを持っておくのも今後いろいろ役立ちそうだし

 

 

ということで、依頼を受けることに。

それにあたって使者にいくつか質問する。

 

Q.

リーシェ:女の子って何歳ぐらいー?

A.

チップ:お嬢様は今年で13歳になります。

ニノ:ほう…13歳…

アル:(スチャ)

リーシェ:あ、ニノおにーさんまただめな事考えてるー

ローバック:(かまわん、やれ)

リーシェ:もやすよー?もやしちゃうよー?

ディッパー:(もやし・・・俺の主食だ)

ニノ:燃やすのはもう勘弁してくれ…

 

 

 

Q.

ディッパー:女の子の特徴を出来うるかぎり詳しく教えてほしい

A.

チップ:外見・・そうですね、写真をお渡ししておきます。

 

Q.

ローバック:お嬢さんは活動的な方かい?

A.

チップ:ミリアお嬢様は家ではとても大人しいですが、お友達といる時は明るくはしゃいでいましたね。。。

    特別活動的なわけではありませんが。

 

Q.

ディッパー:最近,失踪するまででお嬢さんに変わったこととかなかったか?

A.

チップ:私達は殆ど家でのミリアお嬢様しか見ておりませんので、変わった事はない様に思うのですが。。。

 

 

 

アル:それから、お嬢さんと仲の良い子供ってのの話は、これ(通話のピアス)で改めてすればいいの?

アル:今のところ他に大きな情報ないし。

チップ:いえ、必要であればこちらから先方に連絡を入れておきますので、直接話しに行っていただくのが良いかと。

 

ファリネウス:真偽

ファリネウス:2d+7

SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 9[3,6]+7 → 16

ファリネウス:(嘘ではなさそうか…)

 

チップ:ではこちらから連絡を入れておきますので、私はこれで。

 

 

さてAM9:00

マップは移り変わり、3人の子供たちの家が判明している。

PT6人を3グループ

リーシェ&ニノ

ディッパー&アル

ローバック&ファリネウス

に分け、それぞれの子供たちに話を聞く算段だ。

 

 

GM:質問内容:最後に会った時間、その場所、変わった様子はなかったか

ファリネウス:行きそうな場所・心辺り

 

GM:最後に会った時間:4日前の夕方

GM:最後に会った場所:バークリング門近く

 

以上の情報は三人とも共通。

 

メイ:特に変わった様子はなかったと思います。。

アンジ:特に変わった様子はなかったなぁ。

カイ:変わった様子は。。。その。。。

カイ:何もなかったです。。。

 

 

それぞれについて真偽判定。

 

カイ

ローバック:2d+9

SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 4[3,1]+9 → 13

ファリネウス:2d+7

SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 6[1,5]+7 → 13

 

アンジ

アル:2d+10

SwordWorld2.0 : (2D6+10) → 7[1,6]+10 → 17

→真

 

メイ

リーシェ:2d+8

SwordWorld2.0 : (2D6+8) → 9[5,4]+8 → 17

→真

 

 

ローバック:なあカイ君?何か言ってない話があるんじゃないかな?違うかい?

ローバック:(おもむろに肩を組む)

カイ:(グッと堪えるような顔になって)

カイ:いえ・・・何もなかったです。。。

ローバック:(ファリネウスに任した方が情報は出そうか・・・?)

ファリネウス:命がかかっているかもしれないんだ!情報があったら何でもいい教えてくれ!

カイ:っ・・・・

ディッパー:(命はかかっている、主に君の)

ファリネウス:頼む!!

カイ:あの、僕達普段街から少し出たところの秘密基地で遊んでて。。。

ローバック:君が話したことで君が不利益を受けることは無い。安心するんだ。

カイ:その、そこに行けばなにかあるかも。。。しれません。。。。

カイ:あ、はい。。。

ファリネウス:(釣れたか)

ローバック:秘密基地ね・・・

ファリネウス:(依頼主に連絡しておく)

 

というわけでファリネウスの世渡り上手な演技の元、秘密基地の情報を得る。

 

GM:秘密基地の具体的な場所:500G

 

アル:秘密基地なんて懐かしいわね、私も子供の頃に作ったわ

ディッパー:秘密基地っていうのは子供の憧れだからな(遠い目)

 

GM

依頼人からの追加情報:

秘密基地の周辺は、ほんのここ数日野生生物の死骸が見つかったり、

興奮したモンスターの目撃情報が出ていて、近づきにくいエリア。

 

ローバック:(秘密基地懐かしいな・・・いろいろ運んだりしたもんだ・・・)

リーシェ:いいなぁリーシェもつくりたーい!

ファリネウス:(情報を最初に全て出してこなかったか…信用ならんな…)

ローバック:しっかし物騒な辺りだ

 

というわけでまずは周辺の足あと判定

ファリネウス:2d+7

SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 11[6,5]+7 → 18

ローバック:2d+3

SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 7[3,4]+3 → 10

リーシェ:2d+6

SwordWorld2.0 : (2D6+6) → 3[1,2]+6 → 9

アル:2d+7

SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 7[6,1]+7 → 14

ニノ:2d+7

SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 8[3,5]+7 → 15

ディッパー:2D+6

SwordWorld2.0 : (2D6+6) → 5[4,1]+6 → 11

 

ファリネウス:(子供らしきものと…新しいモンスターの足跡?)

ディッパー:これは・・・まずいな

ローバック:(何か見たんかね、あいつら)

ファリネウス:中2脚か…候補が多過ぎる…

 

続いて周辺の探索

アル:2d+7

SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 4[3,1]+7 → 11

ニノ:2d+7

SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 7[2,5]+7 → 14

ローバック:探索

ローバック:2d+3

SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 3[2,1]+3 → 6

リーシェ:2d+6

SwordWorld2.0 : (2D6+6) → 7[6,1]+6 → 13

ディッパー:2D+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 5[2,3]+4 → 9

ファリネウス:2d+7

SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 8[5,3]+7 → 15

 

特に情報はなし。

時刻はここでAM11:00

 

そこにカイが現れる。

 

カイ:あの、みなさん。。。。

ファリネウス:何をしに来た。ここは危険区域だが…

カイ:その、さっきの話、、、命がかかってるって。。。

リーシェ:だれー?

カイ:それで、オレ、やっぱり言わなきゃって思って。。。

リーシェ:(カイをじろじろ眺めている

カイ:その、オレたち、ミリアがいなくなるまで、この秘密基地で、その・・・

カイ:モンスター拾って、育ててたんです。。。

ファリネウス:無茶な事を…

ディッパー:(周囲に気をくばり続けるディッパー)

アル:ふーん、育ててたのはどんなモンスター?

カイ:いや、あのモンスター、ポチってよんでましたけど、ポチは、ほんとに大人しくて、俺達になついてたんです。

カイ:それでその、関係あるかわかりませんけど、ミリアがいなくなる前の日、急にそのモンスターがいなっちゃって。。。

カイ:ミリアは凄くポチを可愛がってたので、凄くショックをうけてて、、、その、、、関係あるかわかりませんけど。。。

リーシェ:ぽち……わんわん?

カイ:緑色で、毛がないんですけど犬くらいの大きさで、あんまり見たことないモンスターでした。。。

リーシェ:わんわんじゃないのかー……もふもふじゃないのか……

 

魔物知識してみる(目標値激高)

ローバック:2d+2

SwordWorld2.0 : (2D6+2) → 6[3,3]+2 → 8

ファリネウス:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[5,1] → 6

ニノ:2d+7

SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 6[5,1]+7 → 13

アル:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 9[5,4] → 9

リーシェ:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 10[4,6] → 10

ディッパー:2D+9

SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 6[2,4]+9 → 15

 

わかりませんでしたー。

 

アル:さっきここで足あと見つけたけど、それかしら?そのモンスターは二足で歩いてた?

ディッパー:俺は鳥系モンスターが専門だから、聞いたことねえなあ

ファリネウス:私が確認したのは二足だったが…

アル:最初に拾ったのはどこ?

カイ:モンスターを拾ったのは、僕なんですけど、ここからもう少し東の方向で、もうちょっと森の奥に入ったあたりです。。。

ディッパー:君は何故ポチを拾ったんだ?

リーシェ:その辺にぽち二号とかいたりするかなー?

リーシェ:ポチ二号と

カイ:いや、なんか弱ってたんでほっとけなくて。。。

ディッパー:そうか、君はやさしいんだな(ニッコリ(怖い笑顔))

カイ:(ビクッ)

アル:これに、秘密基地から拾った場所の地図書ける?

カイ:あ、はい。 大丈夫です。

カイ:じゃあみなさん、ミリアの事・・・よろしくお願いします。

アル:カイ君はこっから無事に帰れる?私たちは大丈夫だけど。

カイ:大丈夫です。 何度も来ている場所なので

ローバック:しばらくはあまり来ないようにな

ローバック:君の命に関わるかもしれん(凄み)

アル:一応気をつけなさいよ。最近物騒だし。

カイ:はい。 すみません、わかりました。

カイ:ありがとうございます。

ローバック:聞きたいことがまたできたらこっちからやさしいお・ね・え・さ・んが聞きにいくしな

ファリネウス:移動するか

 

 

というわけでそのポチの発見場所に移動。

足あとと探索

 

ローバック:2d+3

SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 7[1,6]+3 → 10

アル:2d+7

SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 7[6,1]+7 → 14

ニノ:2d+7

SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 8[5,3]+7 → 15

ファリネウス:2d+7

SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 7[4,3]+7 → 14

ディッパー:2D+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 10[6,4]+4 → 14

リーシェ:2d+6

SwordWorld2.0 : (2D6+6) → 6[5,1]+6 → 12

 

探索

ニノ:2d+7

SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 6[2,4]+7 → 13

アル:2d+7

SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 6[5,1]+7 → 13

ローバック:2d+3

SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 6[2,4]+3 → 9

リーシェ:2d+6

SwordWorld2.0 : (2D6+6) → 6[1,5]+6 → 12

ディッパー:2D+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 7[3,4]+4 → 11

ファリネウス:2d+7

SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 6[2,4]+7 → 13

 

…達成値低すぐるでしょう?

 

GM「あー目標値15だったんだけどなー」

 

メタメタの読みで情報がないと考えたPTは再探索を試みる。

ついでにファリネウスが知力指輪を用意

 

ファリネウス:すまん。借りるぞ

 

アル:2d+7

SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 7[4,3]+7 → 14

ニノ:2d+7

SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 6[3,3]+7 → 13

ローバック:2d+3

SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 9[4,5]+3 → 12

リーシェ:2d+6

SwordWorld2.0 : (2D6+6) → 3[2,1]+6 → 9

ディッパー:2D+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 10[5,5]+4 → 14

ファリネウス:2d+7

SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 6[4,2]+7 → 13

 

 

ファリネウス:使うぞ

 

達成値15になった結果、何やら先端部分が紫色に変わった草を発見する。

 

オダケン「この草の効果を知るためにニノのドラゴンインファントに食わせようぜ」

GOOD「やめろ」

 

 

見識判定を行う

 

ローバック:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[2,5] → 7

ニノ:2d+3

SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 7[5,2]+3 → 10

リーシェ:2d+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 7[5,2]+4 → 11

アル:2d+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 8[2,6]+4 → 12

ファリネウス:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[1,6] → 7

ディッパー:2D

SwordWorld2.0 : (2D6) → 11[6,5] → 11

 

やはりわからない。

 

ファリネウス:(枝投げてみる)

ファリネウス:接触で腐食したりはしないか

アル:とりあえずこれ、誰か知らないかもって帰ってみましょうか

 

 

というわけで、侵食されてない根っこから引っこ抜き、街へ持って帰ってクレアに調べてもらうことに。

 

クレア:あらみんな、お帰り。

クレア:私はこの葉っぱ、見た事無いわね。。。

クレア:少し調べてみましょうか?

アル:手がかりかもしれないし。とりあえず見てもらえる?

クレア:わかったわ。一日くらい時間がかかると思うけど。

アル:一日くらいかかるか…

ディッパー:これからどうする?

 

とりあえず、今まで入った情報についてもう一度子供たちに聞いてみることにする。

 

ファリネウス:バークリング門にて聞き込み

ファリネウス:こちらは最近ミリアを見た人がいないか探すで

ディッパー:(何故関西弁なんだ・・・)

 

・ポチについてのエピソードを聞き出す

・カイ君に紫色の草について

・ポチについてカイ以外の二人がなぜポチについて話さなかったか紫の草を知らないか?

 

 

メイ

これまでに何の問題もなかったので、全く関係があると思ってなかった。

言うと怒られると思いわざわざ積極的には話さなかった。ポチにはパンなどを与えていたが、肉などは食べないようだった。

凄く大人しくて自分達になついていた。ミリアが特にポチを可愛がっていた。いなくなってショックな様子だった。

草については知らない。

アンジ:全く同じ

 

カイ

拾ってからのエピソード:同じ

ミリアとポチの関係について:何かを言いよどむ

紫色の草について何か知らないか:知らない

 

PL「またかよ!」

 

NPCに明確な悪意を示すPLたち。

 

 

ファリネウスは聞き込み。

 

ファリネウス:2d+7

SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 6[4,2]+7 → 13

 

何もなし。

 

だいぶ情報に行き詰まったところで、今度は少女の部屋を漁ることにした。

 

探索判定。

 

アル:2d+7

SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 7[3,4]+7 → 14

リーシェ:2d+6

SwordWorld2.0 : (2D6+6) → 7[4,3]+6 → 13

ニノ:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 8[6,2] → 8

ローバック:2d+3

SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 8[4,4]+3 → 11

ファリネウス:2d+7

SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 9[5,4]+7 → 16

ディッパー:2D

SwordWorld2.0 : (2D6) → 10[4,6] → 10

 

 

 

ファリネウス:日記か…

 

小瓶に入った緑色の液体と、日記を入手

 

少女の日記

 

・失踪数週間前

今日とてもショックなことがあった。

きっと自分はとても悪いことをしている。

秘密基地の部屋に行くのが怖い。

 

・失踪10日前

毎日あの秘密基地に行くのが楽しい。

何を悩んでいたのか、自分が馬鹿みたいだ。

 

・失踪3日前

今日良いものを手に入れた。

私しか知らないあの部屋の隠し戸棚の中に入れておいた。

 

・失踪前々日

今日カイから皆で遊んだ後何をしているのか聞かれた。

やはり見られていたらしい。

あそこに行くのはもう止めにしよう。

 

 

ファリネウス:緑の液体…なんだこれは…?

アル:ローバックさん、カイ君と肩組んで、「何を見たか」聞いてくれる?

ローバック:ファリネウス、準備しとけ

ファリネウス:(無言のスルー)

アル:残った人はクレアにこの小瓶見せに行くわよ

 

 

さて、カイとの会話

 

ファリネウス:何度もすまないな

カイ:その日記は・・・

ローバック:1週間前、君は何かを見たんじゃないかな?

カイ:その・・・

カイ:じつは、ポチがいなくなったのは、オレが逃がしたからなんです。

カイ:その、ミリアが。。。

カイ:ミリアが、暫く前から、みんなと町に帰ってきて分かれたあと、また秘密基地に戻ってたみたいなんです。

カイ:オレ、それに気づいて、それで5日くらい前に、ミリアの後を尾けて秘密基地まで行ったんです。

カイ:それで、ミリアがその、、、ポチに。。。

カイ:襲われてて・・・。

カイ:それで、とにかくオレ、怖くなって隠れちゃって、そしたらミリアが苦しそうに秘密基地から出てきて、そのまま森の奥のほうに行ったんです。

カイ:オレ、怖くて怖くて家に帰ってすぐ布団に入っちゃって、そんで翌日みんなのところに行ったら、ミリアがいつもどおりで。。。

カイ:オレ、とにかくポチをなんとかしないとと思って、それでミリアがいなくなる二日前、ポチを秘密基地から逃がしたんです。。。。

ファリネウス:もう知ってる情報はないよな(ニッコリ

カイ:はい、これで全部です。。。 すみません、オレ、怖くて。。。。

 

(アカン)

 

ファリネウス:真偽

ローバック:2d+9

SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 7[3,4]+9 → 16

ファリネウス:2d+7

SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 7[2,5]+7 → 14

 

今度こそ真。

 

一方クレアの方。

 

クレア:とりあえずさっき持ってきてくれた緑の液体の方について調べてみたけど

クレア:これ、植物につけるとさっきの紫の状態になるみたいね。

クレア:木さじの色が変わっちゃったわ。

クレア:何の液体化まではちゃんと調べないとわからないけど、この紫の草とこの液体は何らかの関係があるみたいね。

 

 

次、日記の「隠し戸棚」を元に秘密基地の中で探索

 

ローバック:2d+3

SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 10[5,5]+3 → 13

ニノ:2d+7

SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 6[2,4]+7 → 13

アル:2d+7

SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 8[6,2]+7 → 15

リーシェ:2d+6

SwordWorld2.0 : (2D6+6) → 10[6,4]+6 → 16

ファリネウス:2d+7

SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 9[3,6]+7 → 16

ディッパー:2D

SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[2,5] → 7

 

アイテム、幸運のダイスを入手。

 

 

幸運のダイス

基本取引価格:5000G

知名度:15

形状:サイコロの形をしたお守り

装備可能部位:任意

概要:

これを装備しているキャラクターは任意のタイミングで行為判定の出目に+1できるが、その瞬間に不運のダイスに変化。

これは呪いのアイテムで、装備を解除するには目標値25の【リムーブ・カース】を要する。

 

不運のダイスは、GMの任意のタイミングで装備者の行為判定の出目に-1できる。

この効果を発揮すると、幸運のダイスに戻る。

 

 

次にまたポチの発見場所へ。

 

探索

ローバック:2d+3

SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 9[4,5]+3 → 12

リーシェ:2d+6

SwordWorld2.0 : (2D6+6) → 5[1,4]+6 → 11

アル:2d+7

SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 4[2,2]+7 → 11

ニノ:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[2,5] → 7

ファリネウス:2d+7

SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 3[1,2]+7 → 10

ディッパー:2D

SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[1,6] → 7

 

何もなし。つーか出目がショボすぎる。

 

 

ファリネウス:やはり何もないか…

アル:とりあえず今日のとこは引き上げる?

リーシェ:すやー

 

 

時間も遅いので一度街へ戻り、次の日へ。

 

 

次の日

AM6:00

 

 

ファリネウス:さて行くか

ディッパー:おはようございやす

ディッパー:とりあえず、朝飯が食いたい

 

 

クレア:おはようみんな

クレア:早速だけど、あの草と液体についてわかったわ

クレア:先ず液体だけど、私のところで調べても覚えのない物だったから、他の研究者達にも効いてみたのだけど

クレア:最近見つかった新種のモンスターの出す毒液と成分が一致していたようよ

クレア:そのモンスターについてはまだ殆ど詳しいことがわかってないみたいだけど、今のところ明らかになってる情報を渡すわね。

クレア:あと、あの液体自体にはかなり中毒性があるみたい。

 

モンスターの情報を断片的にだが教えてもらえる。

 …

モンスターレベル12?

こっちの冒険者、レベル7が最大なのに?

本体は攻撃能力をほとんど持たず、別部位の触手で攻撃してくるようだ。 

 

そしてその中に

「共生」

他の生物を体内に取り込む。取り込みにはおよそ丸1日かかる。

斬撃もしくは打撃による攻撃のみ取り込まれた生物を傷つけずに本体を攻撃できる

(これらを与える魔法でも可)。

取り込まれた生物は体内で保護されており、外科的な処置により開放することが可能(戦闘中は不可)。

 

(アカン)

 

オダケン「ディッパーさんグレネード投げられねーじゃん。」

触手を焼く作業。

 

 

 

ファリネウス:恩に着る

 

とりあえず緑の液体も含めて4度目のカイ君を脅しにかかる。

加えて、「ミリアが歩いて行った方向」を聞く。

 

ファリネウス:(またここに来るとは…)

ディッパー:カーイ君、遊びに来~た=よ~(にっこり)

 

 

カイ:ポチに触手があったかどうか:角はあったが触手と言えるかどうかはわからない。

   ミリアが歩いていった方向:ポチを拾った場所の方

   角について:触ったことはあるが、特別なんとも気付かなかった。

   思い出したこと:ミリアが襲われている時、あの液体を見た気がする。

 

 

ディッパー:カイ君ありがとう.

 

 

というわけであとは探しに行くだけだ!

 

激動の後編へ続く!