読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイト・ワールド2.0

とあるサークルのとある奴らがとあるTRPGで理由のない暴力を振るうログ。

第一セッション(2/15)前編ログ

今回のプレイヤー(PC名:プレイヤー名)

GM:GOOD

ルーリエ:gakkey 冒険者レベル2

ローバック:くらふと 冒険者レベル2

タイト:せら 冒険者レベル1

トイガ:Benner 冒険者レベル2

リーシェ:しの 冒険者レベル2

ウィル:ふゆっぺ 冒険者レベル2

アル:ウルレア 冒険者レベル3

 

各キャラの能力値とかの細かい値はめんどくさいのでとりあえず記しません。

判定値の中から探ってください

 

 

ルーリエ:ご飯はやくぅ

 

AM9:00。

ラスベートにある冒険者の宿、赤楽亭に集められた冒険者たち。

銀髪の少女が朝食をせびる中、一人の男性が駆け込んでくる。

 

タイト:あの、こんにちわ。

タイト:赤楽亭ってここでいいですか?

クレア:あ、タイトさんですね。話は聞いてます

タイト:はぁ、この度はよろしくお願いいたします。。。

 

おぼつかない感じの男が入ってきた。

それを宿のマスターのクレアと、コボルトのラクシーが迎える。

 

クレア:ようこそ赤楽亭へ。歓迎いたしますわ

クレア:早速だけども今日はちょっと厄介な、急ぎの依頼が入っているの

クレア:そこで、今日はみんなにPTを組んでこの依頼にあたってほしいんだ

 

ウィル:「(え、俺も?)」って顔しながらねーちゃんの方振り返る。

アル:(え、私も?)

 

全然気に留めてない二人。

 

クレア:ええ、今は人手が欲しいの

ルーリエ:私はいいですよ~

リーシェ:おー、私も行っていいのかー!

 

一方で銀髪の少女と猫耳の少女が乗り気の反応を返す。

 

タイト:(初依頼だし1人じゃないのは助かるなぁ・・・)

トイガ:(トイガは突っ伏している。眠っているのかもしれない)

アル:そこ、トイガ、起きなさい。(蹴)

トイガ:あ、うん。おはよ~

トイガ:あ、アルだ。元気~

アル:人手貸しなさいよ 猫の手もって言うでしょ。

トイガ:おっけー。

 

床で寝ていた猫耳男とそれを蹴り起こす長髪の少女。

 

ローバック:(宿に入る)エール一つ

ルーリエ:一人暮らしは何かと入用 な の で す!! 

タイト:(あのビール飲んでるおっさん大きいなぁー)

クレア:あら、ローバック。あなたにもPTに参加してね

ローバック:ん????

 

宿に入ってきた重装備のおじさん。

 

 

クレアに集められた全員で7人の冒険者。

クレアの口から依頼が告げられる。

 

ローバック:(グビグビ)

トイガ:ルーリエさん、聖印いる?ユリスカロア様信じてくれるなら、いつでもあげるけど…

ルーリエ:いらなーい

アル:宗教勧誘ダメ、ゼッタイ

トイガ:えー…素晴らしい神様だよ?ルーリエさんみたいに可愛い神様だし、信じたらいいことあるよ?

 

 

クレア:それじゃ依頼の説明をするわね

クレア:依頼人はアルマン・エゴール。エゴール家の当主だ。

クレア:依頼内容は二日前に行方不明になったご子息のヘクター君(13歳)の捜索。無事に見つかれば報酬は7000Gとのことだ。

リーシェ:迷子かなぁ?

 

【エゴール家についての見識判定】

ルーリエ:2d+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 6[5,1]+4 → 10

トイガ:2D+6

SwordWorld2.0 : (2D6+6) → 11[6,5]+6 → 17

ウィル:2d6+4 見識判定

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 10[4,6]+4 → 14

タイト:2d+3

SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 7[4,3]+3 → 10

アル:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[1,5] → 6

ローバック:2d6

SwordWorld2.0 : (2D6) → 8[3,5] → 8

リーシェ:(2D6)

リーシェ:2D6

SwordWorld2.0 : (2D6) → 3[1,2] → 3

 

 

GM:エゴール家エゴール大水道の名で知られる、ラスベートで上水道業を営む名家。

その料金は高額なため一部の富裕層にしか供給されることはない。

 

ルーリエ:私知ってるよ~

ウィル:あぁ、あのエゴール家か、誘拐されたとか?

リーシェ:知らなかったー、物知りだねー!

アル:難しい言葉で言うと拉致かしら。

ウィル:「(知らなかったのか……)」

クレア:誘拐の可能性はあるけど、考えにくいらしい。とにかくアルマン氏に聞いた内容をかいつまんで話すわよ。

 

 

Q.最後にヘクター君が目撃されたのはいつですか?

A.2日前の朝だ。使用人が朝食を片づける際には屋敷にいたらしい。

Q.その時の様子はどのような感じでしたか?

A.皮袋に水筒をつめていたそうだ。大方、屋敷を抜け出してどこかへ遊びに行くつもりだったんだろう。

Q.ただの家出である可能性はありますか?

A.あいつは家での生活に退屈はしていたが、それでも今の生活に大きな不満はないように見えた。可能性は0ではないがな。

Q.どこか行く先に思い当たる場所はありますか?

A.普段から息子にあまり構う暇がなくてな、生憎見当がつかない。

Q.親しい友人はおられましたか?

A.使用人に問い詰めたところ、よくナイトメアの友人と遊んでいたようだった。父上には内緒にしておいてくれ、と口止めされていたそうだ。

Q.そのナイトメアの友人についてわかることはありますか?

A.使用人が言うには見た目はこんな特徴だった(写真と人相書き)

Q.他に怪しい人物や、エゴール家に恨みを持っている人物等は思い当たりますか?

A.商売敵ぐらいならいるが、それなら息子を誘拐するような回りくどい方法よりももっと効果的な方法があるだろう。

 

 

アル:ありがちな質問はこんなとこかしら。

ローバック:身代金とか要求されてないとなると家出のようだが。。。

ローバック:まあ何かそういうことに巻き込まれたんだろ(ぐびぐび

ローバック:(ぐびぐび)

ルーリエ:見た人いるか片っ端から聞く? ナイトメアだし?

ウィル:「出かける準備してたっつーなら、家出みてーだけどな。2日も帰ってねーのは心配だよな」

アル:(グララン故に家出の基準がわからない)

トイガ:2日とか3日とかなら、全然死なないから大丈夫だよー

トイガ:(もとホームレス)

ウィル:「いや、人間なら2日はきついだろ」と小声で突っ込む

アル:森にでも入ればいくらでも生きてけるでしょ。

ルーリエ:ん~隠れ家とかあるのかぁ…私そういうの好き!

ウィル:急募ツッコミ

リーシェ:果物とか食べれるし大丈夫だよ!

トイガ:「大丈夫大丈。5年くらい家出てたオジサンとかも知ってるし。去年の冬に死んだけど。」とウィルに

 

早くも常識共有とツッコミ不足。

 

アル:さ、じゃあまずどうする?聞き込み始める?

タイト:僕は冒険者としては初めての依頼なので・・・みなさんにお任せします。

ウィル:ナイトメアの少年は気になるな。関係ないとしても、何か悩み知ってたかもしんねーし

ルーリエ:私のその方向の考えかな

トイガ:青春だねー。

アル:じゃ、私は本人とナイトメアの少年の二点で街の中央から聞き込み行こうかしら

リーシェ:角生えてる人を探せばいいのー?

アル:隠そうとして帽子かぶってるんじゃない?

ルーリエ:( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

リーシェ:だめかー

ウィル:(呆れ顔)

ルーリエ:見せるわけないじゃない…

トイガ:んー…暴走族とかヤンキーとかの集団探してみる?家出なら定番だって、聞いたことあるけど

リーシェ:痛いよっ!ひどいよっ!

ローバック:そういう集団にちょっと()聞いてみるのは効果あるとおもうが

ルーリエ:ごめんごめん(ナデナデ

ウィル:(聞いてみる(物理)…)

アル:(聞いてみる(射撃)…)

トイガ:(聞いてみる(魔法?))

ルーリエ:((((;゚Д゚))))

ウィル:/*物騒な奴しかいねぇ……

 

 

とりあえず物騒なPCたち。

聞き込みのためにラスベートの中央とゴールドコーストへ向かう。

 

ローバック:とりあえず中央広場でもう少し詳しくね?

ウィル:賛成。このままじゃ埒があかねーし。

ルーリエ:ゴールド通り…う~あんま行きたくないなぁ…

ルーリエ:私乱暴されるんでしょ! エロ同人みたいに!エロ同人みたいに!

アル:うっさい( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

ウィル:ソーデスネ(棒) さっさと行くか

 

トイガ:(ピピピ電波で:(ユリスカロア様、子供が行方不明らしいのです。貴方の信者に、助言をお願いできないでしょうか…)

リスカロア:(知らん。自力で探せ。都合のいい時だけ神に頼るな。))

 

電波キャッチの血族。

 

ルーリエ:あう…

ローバック:(ナイトメア今アレだし国軍嗾けてそこら辺一掃できねぇのかなぁ・・・)

ウィル:平和!!!平和的手段でお願いします!!!!

タイト:(オレも冒険者として経験をつめばこのおじさんみたいにムキムキになるんだろうか。。。)

 

アル:ふんふん、二手に別れるってのはどう?

アル:せっかく人手と猫手があるんだから

ルーリエ:まぁ手間減るしね

ウィル:賛成。どう分けるか

リーシェ:猫の手ー!

トイガ:猫の手ー!

アル:中央と治安の悪いゴールドコーストの二箇所に分かれましょうか

リーシェ:にゃー!

リーシェ:危ないとこと、危なくないとこだね!

ルーリエ:ゴールド怖い

アル:女性は中央、男は治安の悪いところ

ウィル:この女性陣男よか逞しそうなんだけど

トイガ:あれ?それって僕も治安の悪い方?

アル:年季が違うのよ年季が

リーシェ:私良い方?

タイト:お手柔らかに頼みます。。。

ウィル:年季入ってんなら尚更……いや、ナンデモアリマセン……

 

とりあえず、二手には以下のように。

 

アル:ウィル(スカウト)&ローバック&トイガ&タイト→ゴールドコーストリーシェ(スカウト)&私(スカウト)&ルーリェ→中央

アル:質問内容・このガキども見なかったか(特に2日前より最近)

 

ルーリエ:人相書きあるし見せよっか

ルーリエ:この人相書きが目に入らぬかぁ!!

 

 

まず男勢、ゴールドコーストで聞き込みの結果。

 

通行人:へえ…そいつなら見覚えがあるが…

通行人:ここいらじゃあお互いの詮索はしないしヨソ者には話さないのが暗黙のルールだぜ

通行人:それでも聞きたいってんなら…わかるよなぁ?

ウィル:拳か?

トイガ:おー、ウィルさん凄いねぇ

タイト:(冒険者ってこんな感じなんだ・・・)

ローバック:(裏路地いつでもいけるぞ・・・)

通行人:あ、はいこれでいいです、すみません

トイガ:んー。教えてくれたら、このお財布上げるけど?

トイガ:一応現金全部入ってるやつ

 

財布を犠牲に情報を教えてもらえることに。

 

通行人:奴ならここの裏路地を行った先の廃屋を根城にしてる。

通行人:それと、2日前にここいらで情報屋をやってるゲンさんのところに男の子と一緒に行ったのを見たぜ。

 

 

通行人にありがたく情報をもらい、中央に行って何も得られなかった女性陣と合流。

 

ウィル:お財布は大事にしような?

ウィル:ゲンさん?

トイガ:そうだねー。中身より高いしね。

 

トイガは何も入ってない財布を差し出したのであった。

 

GM:その後、なんだこの財布はあああ!!という声が聞こえましたとさ

  

 ローバック:とりあえずゲンとやらの所に行こうか(メイスを確かめる)

  

PM12:00。

ゲンという情報屋の男の家に集まる彼ら。

 

ゲン:おう、俺がゲンだが?なんのようだあ?

リーシェ:(このおじさんチャラい…)

ルーリエ:(チャラそう…)

ウィル:(頭悪そう)

アル:あなたのところにこういう二人が来たって話をね、そこで聞いたんだけど。

ローバック:(近くに壊せそうなものがないか探す)

ゲン:あー、そいつらか…

ウィル:何か知らね?

ゲン:もしかして、行方不明か?

ルーリエ:(ちょっと精霊さん呼んどこ…)

リーシェ:おじ…じゃなくてお兄さん!知ってること教えてほしいのー

アル:行方不明の心当たりあるの?

ゲン:お前さんがたはどこからかあの二人を探すよう依頼されたのかい?

ウィル:だったら?

ゲン:見たところ冒険者だが

リーシェ:それが何か問題でもあるのー?

ゲン:だったら金は要らねえよ、全部話すさ。

ルーリエ:(あら?あっさり)

リーシェ:(早く話してくれないかなー…)

ローバック:ほう

ゲン:そいつらは二日前にここに来てよ、どこか遺跡の情報を売ってくれって言ってきたんだ。お前らみたいなガキに売るようなネタはねえ、帰んなって諭したんだが…あんまりにもしつこいからよ、不思議に思って理由を聞いてみたんだよナイトメアの方、エギルって名前らしいんだが。この国でナイトメアが生きていくには冒険者になって名誉を得るしかないんだ、って言ってな。

ウィル:で、教えたのか?

タイト:はぁー冒険者になる理由も色々ですねぇ・・・。

ゲン:エギルは家族もなく誰にも頼れず、大分追い詰められているようだった。もう一人の子供はそんなエギルを助けようとしたんだろうな、二人でパーティを組むことにしたんだそうだ。いくら俺が危険を訴えても決心は固いようだった。

 

【真偽判定】

タイト:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 4[2,2] → 4

ルーリエ:2d+5

SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 5[2,3]+5 → 10

アル:ダイス合計:8 (2D6 = [3 5])

リーシェ:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[4,2] → 6

ローバック:2d+3

SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 6[2,4]+3 → 9

ウィル:2d+5

SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 9[6,3]+5 → 14

 

真偽判定の結果は真。

 

アル:ま、ナイトメアのここのところのこと考えると、理由も真っ当かしらね。

ゲン:だからルエガ=ペキトの探索済み領域の情報を売ったんだ。あそこは魔動機文明時代の遺跡でよ、中に当時の戦闘訓練用ロボットが今も動いてて、そいつを倒すと訓練合格の証として特殊なマギスフィアを落とすようになってる。一応そこを昔探索した奴らが言うには、中は一本道で出現する魔物も弱いものばかりで罠もそいつらが全て外したって話だった。俺が見た限りではあの二人もまったく戦えないわけではないし、あれなら踏破できそうだと思ったんだが…その情報を教えたらそいつらは嬉々としてそこへ向かったようだった。

ルーリエ:(うん! この人大丈夫そう)

ゲン:だが昨日入った情報でな、ルエガ=ペキトの周囲で最近ブラグザバスの聖印をもった蛮族が複数目撃されているらしいんだ。悪いが俺からも頼む、様子を見に行って、もし無事ならば助けてやってくれないか。

ウィル:(やっぱりな!?)

リーシェ:じゃぁ、そこに行けば見つかるね!

アル:ま、戻ってきてないのが一番の証拠よね。

タイト:(この胡散臭いおっさん意外といい人なんだな。)

ローバック:とりあえず行ってみるか(手遅れになってなければいいが)

トイガ:ブラグザバスかぁー。死すべし?

アル:処す。

ルーリエ:あんま本格的な装備してたって話じゃなかったし。嫌~な予感

ウィル:んじゃ、さっさと行こうぜ。蛮族いるならあぶねェし

ウィル:(処す……)

 

冒険者は遺跡へ向かう。

入り口にて、【足跡判定】

 

アル:2d+3

SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 9[5,4]+3 → 12

ローバック:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[2,5] → 7

ウィル:2d+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 12[6,6]+4 → 16

タイト:2d+3

SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 4[3,1]+3 → 7

ルーリエ:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 2[1,1] → 2

トイガ:ダイス合計:11 (2D6 = [6 5])

 

早速恒例のファンブルと6ゾロ。

 

アル:人族2、蛮族5以上

ルーリエ:足跡? 全くわかんない

アル:人族のほうはおよそこの二人かしら

タイト:(ついに実戦か・・・。帰りたい・・・。)

ウィル:人族の足跡が2……これはナイトメアと少年でよさそうだ。んで、ボガートやらゴブリンの足跡もあるな。

ルーリエ:「ボガート・ゴブリン系+何か」

リーシェ:危ない人もいるのかー

タイト:人じゃないんじゃないですかね。。。。

 

 

ルーリエ:(何か成長した気がするぞ!)

GM:胸部が?

 

おい。

 

遺跡は正面に通路が続いている。

当時の機能がまだ生きているのか、通路には明かりがついている。

 

とりあえず回避が高くスカウトも高いリーシェを先頭で先へ進む。

リーシェ:じゃぁ私見てくるー?

アル:私回避できないからよろしく

ルーリエ:足元とか気をつけてね~

ウィル:前歩いてほしいけど離れんじゃねーぞ

リーシェ:みんな心配し過ぎだよ~

トイガ:がんばれ~

ウィル:(フラグや!!!)

GM:通路を進んでいくとつきあたりに金属製のドアがある。

ウィル:(ファッ!?)

リーシェ:これ押すの?引くの?それとも横開き?

ルーリエ:聞き耳しとくね

 

【聞き耳判定】

ルーリエ:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 8[3,5] → 8

タイト:2d+3

SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 12[6,6]+3 → 15

ウィル:2d+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 6[2,4]+4 → 10

トイガ:2d+0

SwordWorld2.0 : (2D6+0) → 8[4,4]+0 → 8

アル:2d+3

リーシェ:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[4,2] → 6

アル:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[1,5] → 6

ローバック:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 10[6,4] → 10

 

【探索判定】

ローバック:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 2[1,1] → 2

タイト:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[1,6] → 7

アル:2d+3

SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 9[4,5]+3 → 12

トイガ:2d6

SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[2,4] → 6

ウィル:2d+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 6[3,3]+4 → 10

リーシェ:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[5,2] → 7

ルーリエ:私辞退

 

扉には何もなさそうだ。鍵もかかっていないし鍵穴もない。

 

トイガ:んー。じゃあ、開けるよー

リーシェ:えーい!開けちゃえー!

トイガ:あ、とられた

リーシェ:たのもー!

ウィル:頼むなよ!?

ルーリエ:たのもー!「

リーシェ:え?頼んじゃダメなの?

トイガ:いらっしゃいませー(裏声)

 

部屋の隅にいろいろな机と実験機材や食料、反対側の壁際に数人分の寝具がある。入ってきた扉の正面に木製の扉が見える。

 

ウィル:使った形式とか、何か手がかりになりそうなものある?

リーシェ:触って暖かいか確かめる?

 

寝具などにも明らかに使われた形跡がある。

 

トイガ:色々あるねー。(適当に美味しそうなものひょいっと口に入れながら)…手帳?

ローバック:手帳調べよう

アル:腹壊しても知らないわよ(ひょいパク

ウィル:(いや、食うなよ……)

ルーリエ:あー私も食べるぅ

リーシェ:美味しいー(もごもご)

トイガ:大丈夫。これけっこう美味しいし、新しいから

ローバック:袋にいれていくか・・・

ウィル:(頭を抱える)

 

このPC常識人全然おらん。ウィルが苦労している。

 

アル:ま、ともかく生活感は溢れてるわね 二日前とかじゃなさそう。

リーシェ:手帳?何が書いてあるのかなー?

タイト:(冒険者ってたくましい人種だなぁ・・・)

 

その時、GMから危険感知判定。

【危険感知判定達成値13】

タイト:2d+3

SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 9[4,5]+3 → 12

アル:2d+3

SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 9[5,4]+3 → 12

ローバック:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[2,4] → 6

トイガ:2d6

SwordWorld2.0 : (2D6) → 11[6,5] → 11

ウィル:2d+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 7[3,4]+4 → 11

ルーリエ:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 10[6,4] → 10

リーシェ:2d+3

SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 9[3,6]+3 → 12

 

誰も気づけなかったため、奥にあった木の扉に一番近かったタイトが謎の不意打ちを受ける。

 

 

タイト:!!!?????? うわぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁ!????

GM:2d+3

SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 4[1,3]+3 → 7

GM:2d+3

SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 2[1,1]+3 → 5

 

タイトが2d+3を2回受けて即死・・・とはいかなかった。

 

タイト:なんてこった!

 

ルーリエ:タイトが死んだ!!

ローバック:この人でなし!!

トイガ:なむなむ。

アル:彼はやっぱり生き残れない運命なのね。

リーシェ:え、なぁに?(もぐもぐ)

ウィル:お前ら食ってる場合じゃねーよ!?

 

酷い。

 

2体の透明な蛮族が現れた。

片方は返り血を浴びている。

そして狭い部屋であったため全員乱戦エリアに巻き込まれる。

 

【魔物知識判定目標値12/15】

ルーリエ:2d+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 6[2,4]+4 → 10

アル:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 8[3,5] → 8

ローバック:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 10[6,4] → 10

トイガ:2D6+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 6[1,5]+4 → 10

タイト:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 8[3,5] → 8

リーシェ:2d+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 9[3,6]+4 → 13

ウィル:2d+6

SwordWorld2.0 : (2D6+6) → 7[4,3]+6 → 13

 

ルールブックI342p、インビジブルビースト。

 

タイト:(半端ない帰りたさ。)

 

まずはアルから。ここで初心者へのあれも含めて簡単な戦闘の流れを説明。

 

【命中判定】

アル:2d+6

SwordWorld2.0 : (2D6+6) → 7[6,1]+6 → 13

【回避判定】

インビジブルビースト1:2d+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 6[2,4]+4 → 10

【ダメージ判定】

アル:k20@10+4

SwordWorld2.0 : KeyNo.20c[10]+4 → 2D:[3,3]=6 → 4+4 → 8

アル:k:威力

アル:@:クリティカル値

アル:+:追加ダメージ

アル:そいや!

 

防護点2を引いて6ダメージ。インビジビースト1の残りHP13。

弓矢なので移動を省いてこんな感じ。

 

今後、戦闘中の判定は省きますが、基本的には今後もずっと

【命中】or【魔法試行】→【回避】or【精神抵抗】→【ダメージ計算】

という流れです。

 

ルーリエ:いいぞ~

 

続いてローバックの攻撃。

 

ローバック:2d+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 11[6,5]+4 → 15

インビジブルビースト1:2d+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 5[4,1]+4 → 9

ローバック:k20@12+6

SwordWorld2.0 : KeyNo.20c[12]+6 → 2D:[2,4]=6 → 4+6 → 10

 

8ダメージ。残り5

 

ルーリエ:GMプップギャーッ!!m9゚。(^Д^゚≡。゚^Д^)m9゚。プップギャ-ッ!!

ガッキー、GMを煽る。

 

リーシェも攻撃。

リーシェ:2d+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 6[5,1]+4 → 10

インビジブルビースト1:2d+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 5[4,1]+4 → 9

リーシェ:k5@9+3

SwordWorld2.0 : KeyNo.5c[9]+5 → 2D:[6,1]=7 → 2+5 →7

 

 

インビジブルビースト1:ダイス合計:2 (2D6 = [1 1])

 

あ、死んだ。

 

 

リーシェ:よっし倒したー!

タイト:痛い・・・

 

続いてビースト2に向けてルーリエのファイアボルト

ルーリエ:2d+6

SwordWorld2.0 : (2D6+6) → 7[6,1]+6 → 13

インビジブルビースト2:2d+5

SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 2[1,1]+5 → 7

ルーリエ:k10@10+6

SwordWorld2.0 : KeyNo.10c[10]+6 → 2D:[5,3]=8 → 4+6 → 10

ルーリエ:焼き払え~

 

トイガはどこからか取り出したスリングで撃つ。

 

トイガ:2d6

SwordWorld2.0 : (2D6) → 9[3,6] → 9

インビジブルビースト2:2d+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 4[2,2]+4 → 8

トイガ:k12@11

SwordWorld2.0 : KeyNo.12c[11] → 2D:[2,4]=6 → 3

 

タイトも石を投げるが。

タイト:2d+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 6[3,3]+4 → 10

インビジブルビースト2:2d+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 6[2,4]+4 → 10

 

同値回避。

 

ルーリエ:ここでGMの出目を見てみましょう4、2、6、5、6

 

嘘みたいだろ・・・?2dなんだぜ・・・これ

 

 

 

インビジブルビースト2は知能が低いのでダイスでランダム攻撃。

 

インビジブルビースト2:2d+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 6[2,4]+4 → 10

リーシェ:2d+7

SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 4[3,1]+7 → 11

 

避ける。

 

ルーリエ:うん…もうね…なにかかわいそうでね…

 

GMにより、PCの総攻撃で戦闘終了。

トイガ:わーい。かったかったー。

リーシェ:おっそーい!

ウィル:(容赦ねーな…)

リーシェ:この何か、縛るのー?

 

インビジブルビースト2に尋問。

 

タイト:僕もう扉の近くには居ないようにしときます。。。

ルーリエ:私蛮族語喋れるよ~

トイガ:ねぇねぇ、そこの透明な人。聞きたいことあるんだけど?教えてくれたら殺さないかもしれないよ。

ローバック:(死体蹴りしつつ)何か持ってねぇかなこいつ

アル:(つまみぐいしながら剥ぎ取り)

ルーリエ:(ニコッ

トイガ:あ、これいる?美味しいよ。

ウィル:(>>かも<<)

タイト:(すげぇ治療して欲しい。。)

リーシェ:甘いものないかなぁ(がさがさ)

ルーリエ:知ってる事喋ろっか(ニコッ

トイガ:そっかー。知らないのか。一応…ユリスカロア様を心から信じるなら生かしてあげる。1分で

インビジ:(そんな名前も知らないのを信じられるか!)

トイガ:ふーん。信じないのか。(さくっとナイフで)

 

インビジブルビーストはふたりともお亡くなりになりました。

 

 

ルーリエ:タイトさん。怪我治すね

 

ルーリエのヒール行使

ルーリエ:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 5[4,1] → 5 

タイト:ありがとうございます。

 

ローバック:(冒険者セットの中にナイフ入っていたよな・・・)

 

【剥ぎ取り1】

ローバック:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[3,4] → 7

【剥ぎ取り2】ウィル:2d 

SwordWorld2.0 : (2D6) → 11[6,5] → 11

 

ローバック:とりあえず手帳袋にいれと来ますか

リーシェ:じゃぁ進むー?

ルーリエ:精霊さんカモーン

トイガ:ごー

 

 

 

午後15:30。

歩いて先へ進むと、またドアがあった。

 

 

リーシェ:れっつごー!

ローバック:いこいこー

ルーリエ:「フェアリーウィッシュOn」

ルーリエ:乗り込め~

 

【聞き耳】

トイガ:2d6

SwordWorld2.0 : (2D6) → 5[1,4] → 5

アル:2d+3

SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 9[5,4]+3 → 12

ルーリエ:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 8[3,5] → 8

ローバック:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[6,1] → 7

ウィル:2d+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 6[5,1]+4 → 10

タイト: 2d+3

タイト:2d+3

SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 11[6,5]+3 → 14

リーシェ:2d+2

SwordWorld2.0 : (2D6+2) → 8[4,4]+2 → 10

 

音はない。ドアを開ける。

 

トイガ:開けた―。

リーシェ:ぱんぱかぱーん

ルーリエ:?????? (’ω’) ??????

タイト:ヲタオス

 

そこには、黒きドブネズミという名前のパステルくんさん。

 

トイガ:あ、このネズミは無理……

ウィル:うわああああああああ

アル:追加ライムライトグラス・・・うっ頭が

リーシェ:ねずみこわい…

 

 

【魔物知識判定】

トイガ:2D6+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 5[4,1]+4 → 9

ローバック:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[3,4] → 7

タイト:2d+3

SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 6[3,3]+3 → 9

ルーリエ:2d+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 11[5,6]+4 → 15

アル:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 12[6,6] → 12

リーシェ:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 3[1,2] → 3

ウィル:2d+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 12[6,6]+4 → 16

 

ウィルが弱点値を抜き、魔法ダメージ+2。

 

オリジナルモンスター、訓練用魔動機パステルくん。

HP45、MP30、魔力5、命中4、回避4、近接追加ダメージ10、防護点2。

真語魔法2+魔法拡大数使用可能

 

ウィル:こっ、このネズミは…!

アル:反応はしてないみたいだけど、入ると反応しそうね

ルーリエ:これ例の訓練用?

リーシェ:何か落とすやつかなー

ローバック:あーこれあかんやつかー??

???:パステルくんさんを覗き込むとき、パステルくんさんもまたお前を覗き込む

ルーリエ:|д゚)チラッ

 

各中の人のトラウマを呼び起こす訓練兵器に挑む。

 

【先制判定】

尚、ハウスルールで先制判定は常にボーナス+2で挑むことになっている。

 

ルーリエ:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 9[5,4] → 9

アル:2d+4+2

SwordWorld2.0 : (2D6+4+2) → 7[4,3]+4+2 → 13

タイト:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[6,1] → 7

ローバック:2d+5

SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 7[6,1]+5 → 12

ウィル:2d+5

SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 3[2,1]+5 → 8

トイガ:2D6+5+2

SwordWorld2.0 : (2D6+5+2) → 3[1,2]+5+2 → 10

リーシェ:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 9[5,4] → 9

 

先制奪取。まずはトイガのスリング。

 

トイガ:2D6

SwordWorld2.0 : (2D6) → 10[4,6] → 10

GM:2d+5

SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 9[3,6]+5 → 14

 

トイガ:避けられた―。あの鼠素早いしー

 

訓練用魔動機パステルくん:これより試練を開始する。心して参られよ。

ルーリエ:うわ! 早っ!

トイガ:気持ち悪いよねー。Gみたいでさー

タイト:消されますよ・・・。。。

リーシェ:えー、それやだー

 

続いてウィルがスパーク。

ウィル:2d+5

SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 7[2,5]+5 → 12

訓練用魔動機パステルくん:2d+7

SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 3[1,2]+7 → 10

ウィル:k0+5+2(弱点)

SwordWorld2.0 : KeyNo.0c[10]+7 → 2D:[5,1]=6 → 1+7 → 8

 

魔法は抵抗されず防護点抜きなので残りHP37。

 

タイトがソリッドバレット。

 

タイト:2d+6

SwordWorld2.0 : (2D6+6) → 10[4,6]+6 → 16

訓練用魔動機パステルくん:2d+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 7[2,5]+4 → 11

タイト:k20+3+2

SwordWorld2.0 : KeyNo.20c[10]+5 → 2D:[4,5]=9 → 7+5 → 12

 

ガンも同じく魔法ダメージで防護点抜きなので残り25。

 

アルが射撃。

 

アル:2d+6

SwordWorld2.0 : (2D6+6) → 9[5,4]+6 → 15

訓練用魔動機パステルくん:2d+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 9[5,4]+4 → 13

アル:k20+4

SwordWorld2.0 : KeyNo.20c[10]+4 → 2D:[1,1]=2 → ** → 自動的失敗

 

Oh・・・

 

アル:あうっ(手を滑らす)

アル:ジャストリフレクされたわ

トイガ:怖いよねー。ジャストリフレク。ユリスカロア様に加護とか祈らない?

アル:丁重にお断りするわ

トイガ:あれま、残念。加護あるのにー

アル:私魔力ないからね。

 

 

ローバック:2d+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 12[6,6]+4 → 16

訓練用魔動機パステルくん:ダイス合計:2 (2D6 = [1 1])

 

ウィル:(あっ(察し))

ルーリエ:いけーローバックさん! たたきつぶせ~!

リーシェ:どっかーんってやっちゃえー!

 

さりげなく人気のローバックさん。

 

ローバック:k30@12+3

SwordWorld2.0 : KeyNo.30c[12]+3 → 2D:[5,5]=10 → 10+3 → 13

 

12ダメージで残り13。

 

リーシェが近接。

 

リーシェ:2d+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 8[5,3]+4 → 12

訓練用魔動機パステルくん:2d+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 8[6,2]+4 → 12

リーシェ:あー。当たんなかったやー…

 

 

ルーリエのファイアボルト。行使にフェアリーウィッシュを使う。

 

ルーリエ:妖精さん手伝って!

ルーリエ:2d+7

SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 9[3,6]+7 → 16

訓練用魔動機パステルくん:2d+7

SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 10[5,5]+7 → 17

ルーリエ:k10@12+6

SwordWorld2.0 : KeyNo.10c[12]+6 → 2D:[3,4]=7 → 3+6 → 9

 

抵抗でダメージ5+弱点抜きで+2

残り6。

 

 

ルーリエ:(;^ν^)ぐぬぬ

 

 

パステルくんさんが攻撃に移る。

その時、GMから危険感知判定(達成値14)の申し出が来る。

 

トイガ:2d6

SwordWorld2.0 : (2D6) → 8[6,2] → 8

ルーリエ:2d

SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[1,5] → 6

ウィル:2d+4

SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 12[6,6]+4 → 16

ローバック:2d+1

SwordWorld2.0 : (2D6+1) → 11[6,5]+1 → 12

アル:2d+3

SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 3[2,1]+3 → 6

リーシェ:2d+3

SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 8[6,2]+3 → 11

タイト:2d+3

SwordWorld2.0 : (2D6+3) → 7[6,1]+3 → 10

 

ウィルが気づいた。

別方向から突っ込んでくる一人の蛮族。

 

しかし

・・・よく見たら回避スキル持ってる前衛が二人ともパステルくんさんと戦っている!!

 

 

 

第一セッションから激動の後編へ続く!